てんとうむしレコードっていいなあ!


アルバイト


学生時代にアルバイトしても一日1300円だった。

そのころ、LPレコード一枚が2000円だった!

レコード店で、毎月のレコードマンスリーとかのカタログ類
昨年のレコード店にあった、各レコード会社のカタログの本
それらをもらってきて、月に一枚か二枚やっと買っていた。

その後、サラリーマンになって、
店頭にあるものを10枚/月くらい買っていたが、
今!それらのレコードは、ほとんど手元になく
学生時代のレコード盤のほうが、残っている。

その後、幾多の失敗を重ねて、レコードを聴き
また、同時に、そのレコードを、少しでも心豊かに聴くために
オーディオのほうも、幾多の体験を積んで来ました。

おかげで、今は、
レコードそして、オーディオ店を、展開しています。

オーディオの現状は
BASIC AUDIOのホームページ/リンク付 をご覧下さい!

レコードはどんなにカタログをながめていても
そのレコードを入手して音楽を聴くまではわからない世界!
今までに、世界のいろいろなレコードを聴かせてもらってきたが
その夢は、ますます、つきない。

ますます、聴いてみたいレコードが増えてきているこの頃です。



なぜ、今!あえてアナログ! モーツァルト?

100万弁、理屈をこねるより
聴いてみたら、誰にでも、いっぺんにわかる世界!

知らないのと、わからないのは、まったく別で
感じる心のある人には、一瞬で、体感されるでしょう!

そして、ディジタルとアナログの比較なんてこと以上に
トランジスターに代表される現代製品と、
真空管でつくられた往年のこころある製品の差も
一瞬にわかるでしょう。

春風のように、かろやかなモーツァルトの音楽を聴くのには、
そんなレコードや、オーディオ製品が、
あったればこそです。



レコード雑談

レコードってパチパチいうよね!

だから良いんですよ!

SP盤の復刻LP
トランジェントのよいシステムを使ってお聴きください。

音楽の鳴る位置とパチパチなる位置が違うので
ぜんぜん気にならなくなりますから! 
6/25



押入れの中に

青春時代に買ったレコード!

いっしょに買ったベルト・ドライブのレコードプレーヤーの、
ベルトが伸びたり、融けたりして、回らなくなったり
針がなくなっちゃって、聴けなくなっちゃうんだ!

また、トランジスター・アンプがこわれて、鳴ってはくれない!

でも、レコードには、初恋!青春!希望といった想い出が
たくさんつまっているから、捨てられない!!

それで、今でも、押入れの中に。

ひっぱりだしてきて、聴きませんか?

青春の想い出とともに

そして、温故知新、いや、
新たな再発見・再出発の旅に!
 6/25



トップページにもどる

inserted by FC2 system